スキンケアをしていないとどうなる?

スキンケアの目的

肌は毎日紫外線はもちろん、摩擦などさまざまな刺激によってダメージを受けています。使用する化粧品などによっても肌はダメージを受けてしまうので確かに肌に負担をかける化粧品が存在することも事実です。しかし、本来スキンケアというのは肌の健康を維持するために行うケアですから、正しくケアをしていれば生活の中で受けた肌のダメージを修復してくれます。

逆にスキンケアをせず、ダメージが蓄積した状態のままでいると年齢を重ねるごとに今まで受けてきた肌のダメージによって肌の変化が顕著に出てしまうこともありますし、ちょっとした刺激でもトラブルを受けてしまう肌になってしまうことだってあります。スキンケアをすべきかしなくても良いかはその時の肌の状態が健康かどうかという面を見極めて決めましょう。

肌が健康な状態で肌のキメも整っているという状態であれば必要以上にケアをする必要はありません。しかし、外部刺激だけではなく生活リズムや生活習慣など内部から肌のバランスが崩れてしまうことなどもありますから、しっかりとした生活リズムや習慣をつけ内側からのケアも怠らず、肌がダメージを受けている場合は適切なケアを肌にしてあげるようにしていくことが肌の健康には求められます。